北山時雨(きたやましぐれ)

北山時雨

カメラを肩に歩き出したら、くっきりと虹が。

歩く人たちがスマホを取り出してついつい撮ってしまうくらいきれい。私も負けじとカメラを構えるけれど、あっちの屋根が邪魔になり、こっちの電線が虹を分断。よーし、虹が消える前に、賀茂川までひとっ走りだぁ。

たどり着いた北山橋から、東北の方角に端から端まで虹の架け橋。パシャ、パシャ、撮りまくる。下手も数打ちゃ一つくらいとおもって、虹を半分撮ったり全部撮ったりあれやこれや。あらあら、バイク二人乗りのカップルさん、あぶないです。彼女が写真撮りたいからって、橋の上で急にとまっちゃ。後ろの郵便配達のバイクさんがこけそうになっちゃいます。そうかと思うと、東から歩いてくるあのおじさんは、虹が出てる事には気づいてなさそう。ああ、南に渡ろうとしているこの子連れさんも。素敵な虹を教えてあげたいのに。

きっと、橋の下におりていっても、ちがった虹が撮れるはず。そう思って歩き出す。

すれちがったのは、橋の方へと南に歩いていくおばあちゃま。信号で立ち止まったのに、その時間だけでも虹を見たら?きっと幸せになるよ。

そう思って、今の今まで我慢に我慢していた一言を。

「虹、きれいですよ。」

そうしたら、おばあちゃま、北の山の方を振り返って、

「今の時期、紅葉見るくらいの時期には、北山時雨っていって、こんな天気の時には、よう虹が出るんですよ。」

と。

そうなんだあ、虹見てたんだあ。知ってたんだあ。昔々から。きたやましぐれ、っていうんだあ。

お菓子みたいな名前やなあ。

何十年も前からずーっと北山時雨と虹を見てきた人に、よりにもよって声かけちゃったよ、私。

ちょっぴり恥ずかしかったけど、でもとっても得したような気分の私でした。

サザエさん警報

研究室では「サザエさん」と呼ばれたこともある。どうやら、

かなりおっちょこちょいらしい。自覚はまだない。

というのは大ウソで、いい加減どんくさいのから脱却したいと

思っている。

ところが、先日もやらかした。

正確には私が「やらかした」わけではない。

忙しい朝の貴重な時間、洗濯物を一つ取り出して叫んだ。

コラー、●●ちゃん、ポケットにティッシュ入れてたでしょ

慣れたもので

ゴメーン

などと言いつつのぞきにくる娘とともに洗濯機の中身を見てどうやら事態の深刻さに気づく。

白さが違う

白さと香りのニュービーズ、の白さではない。

息子のお気に入りのダブルガーゼの紺のパジャマズボンが白いズボンに変化しているのである。どれもこれも、全体に白物を混ぜ込んだかと思うくらいに白いモロモロが付着している。当然ながら、洗濯物をとりだした洗濯機の中には両手で抱えるほどの白い紙の残骸が残っているし、パタパタはたいた洗濯物からは、洗面所いっぱいに白い雪のような紙くずたち。

ティッシュ1袋がこんなに変身する訳もなく視線をあげるとそこには、先日私が買い込んで洗濯機の上の突っ張り棒に積み上げたトイレットペーパーの山が、、、

ううっ私のせいか

いや、私が落としたんじゃないし

いやいや、積み上げたのは私だし

いやいやいや、トイレットペーパーの芯なんて見つけんかったぞ

 

自問自答すること数十秒、

トイレットペーパーの芯はきれいに溶けることを学習し、開けっ放しの洗濯機の上にはトイレットペーパーを積み上げてはいけないことを学習したのでありました。2度目の洗濯をまわした後に干したベランダも、夏にもかかわらず白い雪化粧になったのはいうまでもありません。

「サザエさん警報発令中」

第6回健康教室を終えて

第六回健康教室を終えて

第六回健康教室
秋晴れの気持ちのよい本日、当院の健康教室にご参加いただきありがとうございました。
【さわってみようAEDパート2】
と題して、行いました。
和やかな雰囲気の中、実習あり、音楽あり、参加者とスタッフが、みんなで、楽しめたのではないでしょうか?
楽しい中でも、いざという時、思い出せる知識と、カラダの記憶と、勇気を、学んでかえっていただけていたら、これほどうれしい事はありません。
また、次回からも、体に役立って参加して楽しい健康教室を企画していきたいと考えておりますので、皆様のご協力よろしくお願いします。

第3回健康教室を終えて

~第3回健康教室 糖尿病ってなんでしょうね~を終えて

第3回健康教室 糖尿病ってなんでしょうね
本日、秋晴れのさわやかな土曜日の午後、合計27名の参加者をお迎えして、健康教室を開催することができました。予約していただいた以上の方々がお越しくださったので、皆様に窮屈な思いをさせてしまって申し訳ありませんでした。
今回のテーマはそのものずばり、糖尿病の病態でした。
第一部で、血糖が体の中でどういう風に調節されているのか、どこがおかしくなるとどんなタイプの糖尿病になるのか、という基本の部分を紹介しました。皆様に、実体験していただこうと、勉強中にバナナが飛び出したりして和やかな雰囲気の中すすめることができ、開催側としてもとても楽しい時間が過ごせました。できるだけかみ砕いて、みんなにわかる会にしようとがんばったつもりですが、来ていただいた方々のうなずきや笑顔が、われわれスタッフの企画を盛り上げていただいたと大変感謝しております。
第二部では、管理栄養士さんのプロデュースによる糖尿病にちょっといい話を勉強しました。今をときめく超有名人(に扮したスタッフ)が繰り広げる体験談、いかがだったでしょうか?みなさまの生活のヒントがひとつでもふたつでも隠されていたのではないでしょうか?
閉会時にも、参加者の皆様から温かいお声をかけていただき、今後もがんばろうねと医院スタッフみんなで盛り上がりました。病気や健康生活に関する身近な問題を、機会のあるごとにできるだけわかりやすくお知らせしていきたいと思っておりますので今後もよろしくお願いします。

腰椎椎間板ヘルニアの新しい治療法 PEDについて

腰椎椎間板ヘルニアの新しい治療法 PEDについて

 腰椎椎間板ヘルニアの新しい治療であるPED(経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術)は、京都では、京都第一赤十字病院が最初に導入しております。大澤医院におきましても、セカンドオピニオンのかたちで、症例相談、赤十字病院専門外来への紹介を行っております。
特徴について、関連ホームページからの抜粋を、ブログに掲示しておきます。<経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術(PELD)とは>
従来行われてきた一般的な腰椎間板ヘルニア摘出術は、腰部を2~6cm程度切開するため、リハビリなどを含めても7~14日の入院を要しました。しかし当院で行っている経皮的椎間板摘出術(PELD)は約8㎜と非常に小さな切開で手術が行えるため、短期間の入院で治療ができる手術法です。治療には、高周波メスや、専用の内視鏡を使用し、安心、安全な治療が可能です。
また、※レーザー椎間板治療(PLDD法:経皮的レーザー椎間板減圧術)に比べて、効果が確実であり、健康保険での治療が可能です。※レーザー椎間板治療(PLDD法:経皮的レーザー椎間板減圧術)は、国内においては、健康保険が適応されない治療法です。また、PLDD治療法はすべての椎間板ヘルニアの患者さまに効果がある治療ではありません。民間治療施設の中には、局所麻酔で、合併症のある方にも安心して、施術が可能であるとしている施設もあるようですが注意が必要です。透析患者様、椎間板の老化(加齢現象)の認められる患者様、高齢の患者様、また脊柱管狭窄症を併発している患者様においては、特に慎重な手術対応が必要です。

主な特徴
1.局所麻酔で行うため麻酔によるリスクがかなり低い
2.局所麻酔であっても、麻酔科医が、鎮静、鎮痛、安全のための専門的な管理を行います。
3.切開部が小さい。(約8mm)、抜糸不要
4.レーザー治療と違い、椎間板ヘルニア組織、および神経組織を直接見ているため、確実な治療が可能です。(安全・確実)
5.術後5時間後より歩行開始、翌日退院が可能です。(ただし無理は禁物)

<経皮的内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術(PELD)の方法について>
・従来、椎間板ヘルニアの手術には全身麻酔下に2~6cmほどの皮膚と筋肉の切開が必要で、入院も8~14日間程度必要でした。細い内視鏡(RICHARD WOLF社製)、や専用の高周波メスを用いることで、ヘルニアの形によっては局所麻酔で、約8mmほどの皮膚切開で手術を行うことが可能になりました。
・局所麻酔後、ヘルニアの存在する場所の皮膚を切開し、直径7mmの筒を挿入し、内視鏡で椎間板を観察しながら椎間板ヘルニアを摘出します。
・局所麻酔であっても、麻酔科担当医が、手術中に気分が落ち着くように、また、局所麻酔で効果が不十分な場合にも、痛みを和らげるように、管理します。

<本法の利点と期待される効果について>
・手術によるキズ、筋肉の損傷が少なく、術後の回復が早く得られます。
・従来の方法に比べて術後の痛みは軽く、術直後より歩行可能です。入院は術後1泊が可能です。
・普通に切開する術式に比べると改善率はやや劣ります。これによって下肢の痛み、しびれ、筋力低下は徐々に改善します。(しびれなどの軽い症状は残る可能性があります)

<腰椎椎間板ヘルニアのその他の治療法について>
・手術方法には、PELD法以外に、通常進入法(ラブ法)および顕微鏡を使用したヘルニア摘出術(マイクロラブ法)、内視鏡視下ヘルニア摘出術(MED法)、腰椎前方固定術、経皮髄核摘出術(PN法)などがあります。当院ではいずれの手術の方法でも治療が可能です。当院では、経皮的レーザー椎間板髄核蒸散法(PLDD)は保険適応外治療(厚労省が保険診療を認めていない)であること、効果が不十分であることなどから、行っておりません。

<本法の危険性・合併症について>
・局所麻酔薬に対するアレルギー症状が出ることがあります。
・腹這いになって手術を受けます。:患者様はうつ伏せの状態で手術を受けます。胸部、鼠径部の皮膚損傷、外側大腿皮神経麻痺などを生ずることがあります。
・手術自体による合併症:硬膜損傷、髄液漏、神経損傷、血腫、感染などの危険性はゼロではありません。術後硬膜外水腫のため、まれに頭痛が起きることがあります。
・手術の中止、変更について
ヘルニアが神経と強く癒着していて除圧が不十分になつてしまった場合、出血が多い、硬膜や神経にダメージを与える可能性があるなど、術中所見によっては合併症の発生を回避するために経皮的内視鏡手術を中止し、後日に通常の開創術あるいは内視鏡ヘルニア摘出術に切り替える場合があります。
・椎関板ヘルニアの再発:術直後と術後2~3年にピークがあります。
※これらの危険性、合併症は、すべて従来法でも同様に起きる可能性のあるものです。

<術後後療法・リハビリテーション>
・手術当日:手術直5時間後より歩行可能
・腰椎軟性コルセット:3ヵ月
・手術翌日に退院が可能です。
・重労働、スポーツ復帰:術後12週から

上記手術は京都第一赤十字病院 整形外科 脊椎専門外来にて、ご相談ください。大澤医院におきましても脊椎外来の予約および、症例のご相談(セカンドオピニオン)が可能です。

第2回健康教室

第2回健康教室

4月3日桜の満開の素敵な午後にもかかわらず、多数のご参加をいただき健康教室をおこなうことができました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
「塩を減らしておいしく健康生活」というタイトルでさまざまな工夫をご紹介いたしました。
まず、ドクターから、減塩をすることの意味、血圧との関連、高血圧とは何かなどの説明を行いました。
そのあとが、お楽しみです。スタッフみんなで考えたクイズ形式での1日塩分摂取量チェック、意外なものが、意外に塩が多くてみんなびっくりでしたね。もちろん、塩分が高いと思っていたものがその通り高いこと、実際の塩を目の当たりにしてまたまたびっくり!
(準備したスタッフも、塩の量には実際びっくりしていたのですよ)
高血圧患者さんの目標塩分摂取量である6gに塩を減らすことは、本当に容易でないことがわかった反面、自分たちが何気なく意識しないで摂っている塩が結構多いことに気づかされたのではないでしょうか。
減塩塩や減塩醤油の実際的な使い方をまなんだり、うまみ素材を使うことや、香りのものを利用する工夫などで、塩が少なくてもおいしく食べられるのだということを理解したりすることができました。
勉強会の間も、参加者のみなさんから声がかかったり、挙手していただいたり、質問をいただいたり、終始和やかな雰囲気で、会が終了した後でスタッフもみんな笑顔でした。
次回の健康教室は、アンケートでもご希望の多かった糖尿病をテーマにしようと思っています。開催時期は未定ですが、また、ポスター、ホームページなどでお知らせしようと思っております。
ご参加いただいた方は、是非、次回も。ご参加いただけなかった方は、是非是非次回こそ足を運んでみてください。結構楽しいですよ(自画自賛でしょうか?)。最後になりましたが、健康教室を開催するにあたって、楽しく積極的に取り組んでいただいた当院のスタッフの皆さん、配布資料、その他で大変お世話になった関連の皆様に厚く御礼申し上げます。