北山時雨(きたやましぐれ)

北山時雨

カメラを肩に歩き出したら、くっきりと虹が。

歩く人たちがスマホを取り出してついつい撮ってしまうくらいきれい。私も負けじとカメラを構えるけれど、あっちの屋根が邪魔になり、こっちの電線が虹を分断。よーし、虹が消える前に、賀茂川までひとっ走りだぁ。

たどり着いた北山橋から、東北の方角に端から端まで虹の架け橋。パシャ、パシャ、撮りまくる。下手も数打ちゃ一つくらいとおもって、虹を半分撮ったり全部撮ったりあれやこれや。あらあら、バイク二人乗りのカップルさん、あぶないです。彼女が写真撮りたいからって、橋の上で急にとまっちゃ。後ろの郵便配達のバイクさんがこけそうになっちゃいます。そうかと思うと、東から歩いてくるあのおじさんは、虹が出てる事には気づいてなさそう。ああ、南に渡ろうとしているこの子連れさんも。素敵な虹を教えてあげたいのに。

きっと、橋の下におりていっても、ちがった虹が撮れるはず。そう思って歩き出す。

すれちがったのは、橋の方へと南に歩いていくおばあちゃま。信号で立ち止まったのに、その時間だけでも虹を見たら?きっと幸せになるよ。

そう思って、今の今まで我慢に我慢していた一言を。

「虹、きれいですよ。」

そうしたら、おばあちゃま、北の山の方を振り返って、

「今の時期、紅葉見るくらいの時期には、北山時雨っていって、こんな天気の時には、よう虹が出るんですよ。」

と。

そうなんだあ、虹見てたんだあ。知ってたんだあ。昔々から。きたやましぐれ、っていうんだあ。

お菓子みたいな名前やなあ。

何十年も前からずーっと北山時雨と虹を見てきた人に、よりにもよって声かけちゃったよ、私。

ちょっぴり恥ずかしかったけど、でもとっても得したような気分の私でした。

サザエさん警報

研究室では「サザエさん」と呼ばれたこともある。どうやら、

かなりおっちょこちょいらしい。自覚はまだない。

というのは大ウソで、いい加減どんくさいのから脱却したいと

思っている。

ところが、先日もやらかした。

正確には私が「やらかした」わけではない。

忙しい朝の貴重な時間、洗濯物を一つ取り出して叫んだ。

コラー、●●ちゃん、ポケットにティッシュ入れてたでしょ

慣れたもので

ゴメーン

などと言いつつのぞきにくる娘とともに洗濯機の中身を見てどうやら事態の深刻さに気づく。

白さが違う

白さと香りのニュービーズ、の白さではない。

息子のお気に入りのダブルガーゼの紺のパジャマズボンが白いズボンに変化しているのである。どれもこれも、全体に白物を混ぜ込んだかと思うくらいに白いモロモロが付着している。当然ながら、洗濯物をとりだした洗濯機の中には両手で抱えるほどの白い紙の残骸が残っているし、パタパタはたいた洗濯物からは、洗面所いっぱいに白い雪のような紙くずたち。

ティッシュ1袋がこんなに変身する訳もなく視線をあげるとそこには、先日私が買い込んで洗濯機の上の突っ張り棒に積み上げたトイレットペーパーの山が、、、

ううっ私のせいか

いや、私が落としたんじゃないし

いやいや、積み上げたのは私だし

いやいやいや、トイレットペーパーの芯なんて見つけんかったぞ

 

自問自答すること数十秒、

トイレットペーパーの芯はきれいに溶けることを学習し、開けっ放しの洗濯機の上にはトイレットペーパーを積み上げてはいけないことを学習したのでありました。2度目の洗濯をまわした後に干したベランダも、夏にもかかわらず白い雪化粧になったのはいうまでもありません。

「サザエさん警報発令中」

第6回健康教室を終えて

第六回健康教室を終えて

第六回健康教室
秋晴れの気持ちのよい本日、当院の健康教室にご参加いただきありがとうございました。
【さわってみようAEDパート2】
と題して、行いました。
和やかな雰囲気の中、実習あり、音楽あり、参加者とスタッフが、みんなで、楽しめたのではないでしょうか?
楽しい中でも、いざという時、思い出せる知識と、カラダの記憶と、勇気を、学んでかえっていただけていたら、これほどうれしい事はありません。
また、次回からも、体に役立って参加して楽しい健康教室を企画していきたいと考えておりますので、皆様のご協力よろしくお願いします。

第2回健康教室

第2回健康教室

4月3日桜の満開の素敵な午後にもかかわらず、多数のご参加をいただき健康教室をおこなうことができました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
「塩を減らしておいしく健康生活」というタイトルでさまざまな工夫をご紹介いたしました。
まず、ドクターから、減塩をすることの意味、血圧との関連、高血圧とは何かなどの説明を行いました。
そのあとが、お楽しみです。スタッフみんなで考えたクイズ形式での1日塩分摂取量チェック、意外なものが、意外に塩が多くてみんなびっくりでしたね。もちろん、塩分が高いと思っていたものがその通り高いこと、実際の塩を目の当たりにしてまたまたびっくり!
(準備したスタッフも、塩の量には実際びっくりしていたのですよ)
高血圧患者さんの目標塩分摂取量である6gに塩を減らすことは、本当に容易でないことがわかった反面、自分たちが何気なく意識しないで摂っている塩が結構多いことに気づかされたのではないでしょうか。
減塩塩や減塩醤油の実際的な使い方をまなんだり、うまみ素材を使うことや、香りのものを利用する工夫などで、塩が少なくてもおいしく食べられるのだということを理解したりすることができました。
勉強会の間も、参加者のみなさんから声がかかったり、挙手していただいたり、質問をいただいたり、終始和やかな雰囲気で、会が終了した後でスタッフもみんな笑顔でした。
次回の健康教室は、アンケートでもご希望の多かった糖尿病をテーマにしようと思っています。開催時期は未定ですが、また、ポスター、ホームページなどでお知らせしようと思っております。
ご参加いただいた方は、是非、次回も。ご参加いただけなかった方は、是非是非次回こそ足を運んでみてください。結構楽しいですよ(自画自賛でしょうか?)。最後になりましたが、健康教室を開催するにあたって、楽しく積極的に取り組んでいただいた当院のスタッフの皆さん、配布資料、その他で大変お世話になった関連の皆様に厚く御礼申し上げます。